安曇野・梓川エリア

池田・松川エリア

工事方法
基本戸建宅内配線イメージ
基本戸建宅内配線イメージ
※商用電源(AC100V)が必要です。
基本戸建宅内配線イメージ
※商用電源(AC100V)が必要です。
宅内工事について
1
引留金具 ・・・電線と同じように留めます
・壁面に穴をあけてビス等で固定します。引留金具から引込口まで離れている場合には、軒下などの支障のないルートへ光ファイバーを露出配線します。
・他社が設置した引留金具は使用できません。
・引留金具は工法により変更となる場合があります。
2
ケーブルの宅内入線部分
壁に穴を開けてケーブルを通します。
・開けた穴には防水処理を施します
・外壁の種類によっては穴を開けられません
・宅内入線後、機器までインドアケーブルを露出配線します。
3
アンテナ線の切り替え
・壁面にV-ONUを取り付けます。またV-ONU稼働のため宅内にV-ONUの電源部を取り付けます。
4
ブースター(増幅器)
テレビ端子のテレビ受信レベルに応じてブースターの取付けや取外しを行います。
・工事時、施工業者が配線の確認・施工のため天井裏に入ります。
・施工業者が天井裏に入れるよう、事前に点検口の場所の確認や施工業者が入れるよう場所の確保をお願いします。
5
BS視聴用分波器
基本工事にはBS視聴用分波器1台が含まれます。2台目以降のテレビでも使用を希望される場合は、有償で取付けとなります。
・セットトップボックス(STB)と接続しているテレビでは、分波器を取付けなくてもBS放送を見ることができます。
・BS放送について、BSパラボラアンテナ設置時の視聴可能番組とあづみ野テレビ契約後視聴可能番組は異なります。
・BSパラボラアンテナとあづみ野テレビのテレビサービスとを併用し、BS放送を受信することはできません。