お客様各位

インターネット接続での基礎的注意事項

あづみ野テレビ株式会社


1 インターネット常時接続での注意事項
CATVインターネット・ADSLをはじめ、インターネットへの接続はブロードバンドの常時接続が主流になったといえます。反面、インターネットに常時接続されることにより、ウィルス感染・不正侵入などのセキュリティ面での危険性も高くなったといえます。
ウィルス感染や不正侵入などの脅威からパソコンを守る対策の1つとしては、常にOS(WindowsXP等のソフトウェア)の状態を最新に保っておくことが重要です。OSのセキュリティホールを放置しておくと、その脆弱点を狙った攻撃の被害を受けることがあります。
OSにセキュリティホール等が見つかった場合はOSの発売元より修正プログラムが配布されますので、Windows Update(※1)等により修正プログラムを適用し、OSを最新の状態にしてください。(※1 Windows Updateの重要性について
また、市販のセキュリティソフト/ファイアウォール等を導入し、外部からのアクセス制限を必要に応じ行い、あわせてウィルスチェックなどを定期的に行うことでセキュリティを向上させることも対策の1つとなります。
インターネットを使用しないときはパソコンの電源を切る、LANケーブルを外すなど使用しないときはできるだけインターネットからの接続を切断することも重要です。
インターネット上では、ウィルス対策ソフト等様々なセキュリティ対策を講じたとしても100%安全ということはありませんが、対策をすることによりたいていのインターネット上の脅威からパソコンを守ることができます。

2 クレジット番号等個人情報の発信に伴う注意事項
インターネットは益々便利になり、ショッピングや各種予約・申込みなど様々な用途に利用されています。ショッピングについてはクレジットカードによる決済など重要な個人情報をインターネットを通じ送信することになりますが、このような情報の送信に関しては、利用規約等を確認し、また信頼できるサイトと判断した上でSSL等の暗号化技術によるセキュリティ対策を講じたサイトを利用することを心がけてください。

3 添付付きメールなど不審なメールを受信したら
  ウィルス感染の原因となるほとんどが、メールによる感染といわれております。送信元が不明な不審メールや添付付きのメールを受信した場合は、開封せずまた添付ファイルを実行せずに削除するようにしてください。

4 ウィルスに感染したと思ったら
  ウィルスに感染すると、パソコンの動作が鈍く不安定になったり、いつもとは違う動きをしたりなど様々な症状が想定されます。また感染していても動作的にはほとんどわからず気づかない場合もあります。
いずれにしても、感染を放置しておくと、そのパソコンを発信元にさらにウィルスを拡散し被害を拡大させる危険性があります。
何かいつもと違う?おかしいな?と思ったら、被害の拡散を防ぐためにもインターネットからの接続を切断してください。切断後、ウィルス対策ソフト等をお持ちであればスキャンし駆除を実行してください。不明な場合、不安な場合はお気軽に当社サポートまでご連絡ください。
あづみ野テレビ(株)ネットサポート係
電話:0263-82-7860(電話サポート受付時間:9時から17時(平日))
Eメール:support@anc-tv.co.jp